中途採用比率

働く人が主体的に仕事を選べるように、また再チャレンジができるように、中途採用の推進が求められています。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000737262.pdf
今年(2021年)4月1日から、その中途採用の環境整備のために法施工があり、従業員301名以上の企業は中途採用比率※を公表するよう義務付けられます。

転職を希望される方にとっては、受け入れ企業がどのようなスタンスを取っているのか参考になるかと思います。
中途採用比率が低いからと言って、中途採用者が活躍できる可能性が低いとは限りませんし、新卒採用に熱心な企業は従業員教育にも熱心と言えることもあります。
一方、中途採用に不慣れで入社時の処遇設定が相場感からズレがあったり、プロパー社員優先の社風が少し窮屈なこともあります。
弊社としては、その辺りで中途採用が上手く進んでいない企業様のお役に立てられればと考えております。

※直近3事業年度の正規雇用者の内、中途採用者がどれぐらいの割合でいるのかということで、事業年度内に年1回ホームページなどで公表することとなっています。

関連記事